金キャピタルは、全国の信用金庫とともに中小企業の育成・支援を行う、信金中央金庫の100%子会社です。

  1. HOME>
  2. 取扱業務>
  3. M&A仲介 アドバイザリー業務>
  4. M&Aの基礎知識

M&Aの基礎知識

M&Aとは

M&A(エムアンドエー)とは、 Mergers(合併)  and  Acquisitions(買収) つまり「企業の合併買収の略称」のことをいいます。
なお、一般的にM&Aという場合は、企業の合併・買収だけでなく、広く提携までを含めます。
M&Aの手法には株式譲渡・新株引受・株式交換、事業譲渡、合併、会社分割などの様々な手法があります。

M&Aの種類

M&Aの種類

M&Aの主な手法

株式譲渡

「株式譲渡」は、譲渡企業が発行済株式を買収企業に譲渡することによって、経営権も譲渡する手法です。
当該方式の場合、株主と社長が代わるだけで、譲渡企業はそのまま存続します。「株式譲渡」は、中小企業においてもよく用いられる、M&Aの中で最も一般的な方法です。
株式譲渡

事業譲渡

「事業譲渡」は、企業が行っている事業を、買収企業に譲渡する手法です。
譲渡する企業の資産が一部なのか全部により「一部譲渡」または「全部譲渡」と分けることができます。
譲渡する資産には、土地・建物などの有形資産や、売掛金・在庫等の流動資産だけでなく、無形資産である営業権や人材、ノウハウ等も対象とすることができます。
事業譲渡

合併

「合併」は、複数の企業が1つの企業にする手法です。
たとえば、同じ業種の企業間でA社がB社を吸収しA社が存続会社となり、B社の方は消滅(解散)させる。これを「吸収合併」と言い、ほとんどの合併はこの形式で行われています。その他に、全ての合併当事企業が解散すると同時に、受け皿としての新しい会社(新設会社)を設立し、一切の権利義務を新設会社に承継する「新設合併」があります。
合併

信用金庫
全国信用金庫協会
信金中央金庫
信金中金 地域 中小企業研究所

ページトップへ