金キャピタルは、全国の信用金庫とともに中小企業の育成・支援を行う、信金中央金庫の100%子会社です。

  1. HOME>
  2. 取扱業務>
  3. M&A仲介 アドバイザリー業務>
  4. M&Aに関してよくある質問

M&Aに関してよくある質問

Q.M&Aは中小企業でもできますか。

A.信金キャピタルは、中堅・中小企業に特化して仲介を行っています。
企業規模に関係なくご相談ください。

Q.M&Aの相談はどのタイミングで、どこに相談すればいいのですか。

A.譲渡にしても買収にしても、ご相談は早いほうが良いといえます。特に、譲渡希望企業においては、手遅れとなるケースがありますので早めの対処が必要です。信金キャピタルは、このようなご相談に無料で対応していますので、信用金庫の担当者もしくは当社あてご相談下さい。

Q.従業員や取引先に情報が漏れることはありますか。

A.信金キャピタルでは次のとおり情報管理を行っており、情報が漏れないよう最大限の配慮をしています。

  1. 買収候補先へ提案は、必ず譲渡企業のオーナー等に了解をもらう。
  2. 買収候補先との間で必ず「秘密保持契約」を締結する。
  3. 信頼できる買収候補先に限定して情報開示する。
  4. 買収候補先の企業の中でも限られた担当者のみでM&Aを検討してもらう。
  5. 従業員・取引先には、原則、最終契約を締結してから情報開示する。

Q.M&Aはどのようなステップでおこなわれるのですか。

A.「会社を譲渡する手順」もしくは「会社を譲り受ける(引き継ぐ)手順」を参考としてください。

Q.成約に至るまでにはどれぐらい時間がかかりますか。

A.企業の業種や手法等にもよりますが、譲渡希望企業からの相談受付から最終契約までには1年から2年位かかることが多いようです。

Q.譲渡価格はどのように算出しますか。

A.一般的に企業価値は時価純資産に営業権(のれん代)を加味して算出します。
しかし、業種によっては、当該算出方法では適さない場合もあることから、その場合はケースバイケースで対応します。
譲渡価格の考え方」を参考として下さい。

Q.M&Aはどのタイミングで行うのが一番効果的ですか。

A.過去のケースからみても、業績が好調なうちに譲渡したほうが良い条件で売却できるケースが多いです。
業績が悪くなったり、業界の先行きが不透明になった段階では、条件が悪くなったり、相手候補がなかなか見つからないといったことになる可能性があります。
会社を譲渡する際のポイント」を参考として下さい。

Q.中小企業を買収したい(引き継ぎたい)というニーズはどのくらいありますか。

A.信金キャピタルには、魅力的な中小企業があったら買収したいというニーズが信用金庫経由で多数寄せられております。

Q.M&Aの費用はどのくらいかかりますか

A.当社では、成功報酬ベースの標準的な報酬体系を採用しています。信金キャピタルにおけるM&Aのご相談は、会社を譲渡するご相談、会社を譲受けするご相談とも無料です。
初期のご相談を重ねて受託させていただく段階で、着手金を若干頂きますが、基本は成功報酬です。(譲受けの受託は、特定の譲渡希望企業との正式検討を開始する段階となります。)
なお、信金キャピタルの報酬表は、中小企業のM&Aに係る標準的な手数料体系を採用しています。M&Aのスキームや対象企業の規模によっても変わってきますので、担当者に問い合わせてください。

Q.M&Aの際にはどのような税金がかかりますか。

A.具体的に株式を譲渡した場合には譲渡所得に対し譲渡所得税がかかるほか、会社から退職金の支給を受けた場合には退職所得税がかかります。

Q.既に相手先候補はいるのですが、アドバイザーは必要ですか。

A.一般的に、当事者同士の交渉は遠慮がちなり、聞きたいことが聞けない、言いたいことが言えないなどのトラブルになる可能性があります。
また、税金の問題、法律の問題、従業員の雇用の問題など、専門的な知識を必要とする場面が多く、後々のトラブル防止の意味合いからも、相手先の同意が得られるならば、アドバイザーを使った方が良いと思われます。

信用金庫
全国信用金庫協会
信金中央金庫
信金中金 地域 中小企業研究所

ページトップへ