M&Aをお考えの方へ

譲渡成功のポイントについて

会社の譲渡を検討される経営者様には、それぞれ「理想の譲渡」があります。
「理想の譲渡」実現のために、事前に準備をしておくべきこと、
普段から取組んでおくべきこと等、
いくつかのポイントを知っていただくことで「理想の譲渡」に近づくことができます。

タイミングを逃さないために早めに手を打つ

よりよいお相手探しやM&A成約後の引継ぎ等には、相応の期間を要します。信金キャピタルがお手伝いをさせていただく事例では、円滑な引継ぎのために前経営者が顧問等で一定期間は会社に残ることを必須条件としている譲受け企業も多くございます。
また、M&Aは業界の特性や外部経済環境の動向にも影響を受け易く、お相手が見つかりやすい時期・タイミングがございます。そのため、希望される時期によいお相手を見つけること、またよいタイミングを逃さないためにも、「少し早いかな」と感じられる時期から手を打つことが重要です。

自社の状況を正確に把握して説明できるようにしておく

譲受け企業は、顧客別・商品別の売上高や採算性、従業員の状況、技術やノウハウ、強みや課題など、様々な情報をもとに検討を行います。そのため普段からそれらの情報の整理をしておくことで、より円滑なお相手探しが期待されます。
誰しも会社の課題や弱み等の情報は出したくないものですが、譲受け企業が克服・解消できるものであれば、実際には問題にならないことも多くあります。課題や弱みも含め、自社の情報を整理しいつでも説明できるようにしておくことは重要なことです。

譲渡の意思を固めて譲渡条件を明確にしておく

譲渡の意思や希望される条件が不確かな状態では、譲受け希望企業は検討をすすめることができませんが、
一方でお取引先との関係や従業員の雇用の維持、譲渡価格など譲渡を行う上で大切にされる条件は人それぞれです。そのため、譲渡の条件や大切にされたい条件の優先順位らを明確にしておくことは重要なことです。

普段からの準備を怠りなく「良い企業」にしておくこと

譲渡を決断してから全てを始めるのではなく、日ごろの経営管理の充実や経営改善の積み重ねがよりよいお相手探し実現のために重要となります。
退職金規程等の社内ルールの整備や必要な引当金の計上、資産の健全性や収益性の向上等、「良い企業」になるためにやるべき事はたくさんあります。
また株主が相続等により、多数に分散しているような場合は、将来のM&Aに備えて、整理しておくことも重要です。

M&A仲介者を活用する

M&Aは一生に一度経験するかどうかの、誰もが経験のない大きなイベントです。
様々な書籍やセミナーによって、知識を得ることはできます。しかしM&Aは個別性の高いイベントであり、それらの知識をそのまま自社にあてはめることは難しいことが多いようです。
そのため早い段階で専門家に相談してみるのは有効な手段になります。
信金キャピタルの経験豊富な専門スタッフが個別のご相談に応じます。皆さまからのご相談をお待ちしております。

M&Aセミナー情報について