金キャピタルは、全国の信用金庫とともに中小企業の育成・支援を行う、信金中央金庫の100%子会社です。

  1. HOME>
  2. 取扱業務>
  3. M&A仲介 アドバイザリー業務>
  4. 譲渡価格の考え方>
  5. 立場による考え方の違い

立場による考え方の違い

当社が譲渡価格を算定してお知らせすると、譲り渡し側は「もう少し高くなると思っていたが」と思いがちです。一方、譲り受け側にその譲渡価格を提示すると、「思ったより高い」と思いがちです。
同じ譲渡価格でも、立場の違いにより、正反対の思いを持ってしまうのは止むを得ない部分もありますが、より良い形で会社の引き継ぎを成功させるためには、客観的に検証して、大所高所から判断することが重要です。
「ダメでもともと」と、無理を通すと失うものの方が多くなるようです。

譲渡側は高くみる傾向

一般的に、譲渡側は高くみる傾向があります。
いざ譲渡するとなれば愛着や思い入れが反映されるのは仕方がないことではありますが、それらの思いが強過ぎると、結果として譲渡自体が成立しにくくなります。
【高くみる場合】

  • 「過去の苦労を思えば・・・」
  • 「今は環境が悪いが、ウチの技術からすれば、本来はもっと売上・利益も上がるはず・・・」
  • 「いま取れている役員報酬に比べれば・・・」
  • 「リタイア後に必要な金額は・・・」
  • 「○○さん所は5億円で売れたそうだ。ならウチは・・・」

【逆に安くても良いと考えてしまう場合】

  • 「この相手なら多少安くてもよい・・・」
  • 「連帯保証から解放されるならいくらでもよい・・・」

譲受側は安くみる傾向(投資効率・リスクを心配)

一方、譲り受け側は安くみる傾向があります。
これは、投資効率やリスクを心配してのことですが、あまりにもこだわり過ぎると、例えM&Aが成立しても、その際のやり取りの記憶などがいつまでも残ってしまい、譲渡後に悪影響を及ぼすこともあります。
【安くみる場合】

  • 「投資採算ラインにあうか?」
  • 「払える資金はあるか? 金融機関向け説明は可能か?」
  • 「買収後の連結決算への影響は大き過ぎないか?」
  • 「シナジー効果・相乗効果はどの程度見込めるか?」
  • 「自社で立ち上げるのとどちらが有利か?」
  • 「オーナーが変わることで業績は落ちないか?」

【逆に高くても良いと考えてしまう場合】

  • 「この先を買い逃したら・・・」
  • 「あの会社を買えるなら多少高くてもよい・・・」

中小企業は人によって成り立つ部分が大きいことから、値引き交渉などの記憶が良くない印象とともに残ってしまうと、新旧経営者が協力して円滑な引き継ぎを進めることや、後々まで残る役員・幹部社員・従業員のやる気に水を差すこともありますので注意が必要です。

「適正価格」ということ

このように、譲り渡し側と譲り受け側では価格イメージが大きくことなることが多いのですが、大切なことは「適正価格」であるということです。「適正価格」であることにより、円滑な企業の譲渡が可能となります。
当社では、時価純資産に営業権をプラスするやり方で「適正価格」を算出しています。

信用金庫
全国信用金庫協会
信金中央金庫
信金中金 地域 中小企業研究所

ページトップへ